未経験可という項目についてどう考えるか

 転職の場合、経験者を優遇する傾向が多いのは当然のことですが、未経験者優遇とか未経験可などといった項目を目にすることもあるでしょう。普通に考えれば何事も経験を積んでいる方が有利で、経験者の方がすんなりと仕事に入り込めるというメリットがあるわけですが、逆にそれまでの考え方がその企業にマッチしなかったり、あまり良くない習慣を持っていたりするとかえって業務を円滑に進めることが出来ない場合もあり得ます。

 

 未経験のまっさらな状態だと業務内容を素直に吸収できる場合もありますから、仕事内容によっては未経験の方が扱いやすいというケースもあり得ます。ただし、そのような場合はやはり年齢が若い方が有利であることは間違いないでしょう。

 

転職活動に際してのポイント

 未経験優遇という項目を掲げている場合、やはり採用側が見ているのはその人の人柄や、今後の可能性といった部分になるでしょう。アピールするポイントはいくつかありますが、面接において何事も一生懸命に頑張るとかぼやけたアピールはむしろ逆効果です。応募者の大多数がとにかくやる気を前面に押し出して来るでしょうから、一味違ったアピールの方法が必要でしょう。

 

 その一つとして今の自分にはこういうところは足りていないけど、このようにしたら能力を伸ばして行けるというふうに自己分析をがしっかり出来ていると採用担当者にも明確に意欲が伝わることでしょう。